2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯人は誰?

問1
これは電気ビル。昭和の巨匠前川国男の後期設計のビルです。
もちろん、当初は黄色いゼブラパターンはありません。
だけど、同じ素材(赤御影のバーナー)で構成された階段は段の位置が認識しにくく、踏み外す人が後を絶たなかったのでしょう。
それでも永い間、御影のままでした。それが此処へ来て、
MAEKAWA

ということでこうゆう結果となりました。
さて、問題です。
誰がこのみっともない状況をつくったのでしょうか?
1、前川国男。モダンデザインだからって、素材が同じじゃわかんないに決まってる。
2、転んだ人。わかりずらいといってもみえないわけじゃなんだから気をつけろよ。
3、ゼブラを指示をした人。どうせやるなら思いっきりわかるようやれっ!
4、指示された人。思いっきりってこんなだろ。
5、自分。ゼブラを好きになれないセンスをもってる。
スポンサーサイト

1mの目線

今度、タバコをやめるために通院することに健康保険が適用できるそうです。
要は、タバコによる健康被害で通院するより、止めるために保険代使った方がぜんぜん安い。お金がかからないという計算らしいのです。
喫煙者はますます厳しい現実です。

タバコを吸えるエリアは減り、道が喫煙エリアとなってきてます。
しかし、あれいろんな意味でよろしくない、注意力ない年齢の子供の目線のほぼ近い。
このへんも改善していくことが大事です。
1M

こんなのでシミュレーションできればいいかもしれません。

西田さんへ

障害者用の部屋っていったって、そんな特殊なものではないはず。
ようはちょっと広めのツインですよ。
車椅子が回れるスペースがあったり、洗面所の入口に段がなかったり、シンクの下に膝が入ったりできる。音声ガイドなんかもあるみたいだけど全部ところではないと思います。
ちょっと豪華なツインの部屋(ジュニアスウィートなんて言い方でもいい、どこでも1~2部屋はあるんじゃないの)にユニバーサルデザインを意識小物があればいい、これだってそんな特別なものじゃない。

優先されるのは障害者だけど、前に書いた「デザインフォーオール」の考えでいえば普通の人も使えばいい(ただ、その人はスウィート価格ですが)。
身障者用の設備がそんな効率が悪くて負担なものなのかって、そうみんなに思わせたなら罪だよ「東横イン」。

私が設計してやるよ、って思ってしまいます。
RETU


結局、施設としてというより人件費なんだよな。(T)

ユニバーサルサービスにまつわる情報やコラム

全国ユニバーサルサービス連絡協議会の紀(きの)です。
このブログでは、私からユニバーサルサービスにまつわる情報やコラム
をお届けしたいと思っています。
みなさま、よろしくお願いします!!

テーマ:はじめてのブログ - ジャンル:ブログ

«  | HOME |  »

プロフィール

tamako

Author:tamako
ユニバーサルデザインに取り組む自治体や企業が増えているが、年齢差や障害の有無を越えて、あらゆる人に公平な情報とサービスを提供する「ユニバーサルサービス」を同時に推進します。
まだ、UD初心者の(T)とユニバーサルサービス協議会の紀女史(K)が書き込んでいきます。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリー

BMI判定

身長 cm
体重 kg

 

お気に入り

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。