2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯人は誰?

問1
これは電気ビル。昭和の巨匠前川国男の後期設計のビルです。
もちろん、当初は黄色いゼブラパターンはありません。
だけど、同じ素材(赤御影のバーナー)で構成された階段は段の位置が認識しにくく、踏み外す人が後を絶たなかったのでしょう。
それでも永い間、御影のままでした。それが此処へ来て、
MAEKAWA

ということでこうゆう結果となりました。
さて、問題です。
誰がこのみっともない状況をつくったのでしょうか?
1、前川国男。モダンデザインだからって、素材が同じじゃわかんないに決まってる。
2、転んだ人。わかりずらいといってもみえないわけじゃなんだから気をつけろよ。
3、ゼブラを指示をした人。どうせやるなら思いっきりわかるようやれっ!
4、指示された人。思いっきりってこんなだろ。
5、自分。ゼブラを好きになれないセンスをもってる。
スポンサーサイト

1mの目線

今度、タバコをやめるために通院することに健康保険が適用できるそうです。
要は、タバコによる健康被害で通院するより、止めるために保険代使った方がぜんぜん安い。お金がかからないという計算らしいのです。
喫煙者はますます厳しい現実です。

タバコを吸えるエリアは減り、道が喫煙エリアとなってきてます。
しかし、あれいろんな意味でよろしくない、注意力ない年齢の子供の目線のほぼ近い。
このへんも改善していくことが大事です。
1M

こんなのでシミュレーションできればいいかもしれません。

Uスツール

日帰り温泉のようなとこに行くと、まぁ普通の風呂用椅子が置いてあります。
あれも最近は以前より座が高く400ぐらいあるのが流行のようで立ったり座ったりが楽です。

で、老いも若きも洗ってるわけですが、やっぱり座にあたるところは洗いずらい。
んでもって、みんな無理矢理腰を上げて洗うことになるわけですが、ユニバーサルじゃない、だいたいなんかカッコ悪いんだなぁあれ。

そこで「スケベ椅子」
椅子にはそーいった嗜好はあるはずもなく、ずいぶんな名前です。
機能的だし、デザインとしてもエレファントスツールを彷彿とさせる(どこが?)誰でも腰に負担なく思う存分洗える。
特殊浴場だけではもったいないスグレモノ(だとおもうたぶん)わざわざいうな
この椅子をもっと普通に婦女子でも誰でも赤面せず使えるようしてもらいたい。
Uスツールとか言って、おしゃれにして無印良品で真っ白なやつを出してほしい。
sukebe

http://www.bekkoame.ne.jp/ha/pinknoana/others/oth_02.html
で買えますが、どーしてもラメ入るようです。だいたい高すぎだし、バックなんでムラサキ?(T)

西田さんへ

障害者用の部屋っていったって、そんな特殊なものではないはず。
ようはちょっと広めのツインですよ。
車椅子が回れるスペースがあったり、洗面所の入口に段がなかったり、シンクの下に膝が入ったりできる。音声ガイドなんかもあるみたいだけど全部ところではないと思います。
ちょっと豪華なツインの部屋(ジュニアスウィートなんて言い方でもいい、どこでも1~2部屋はあるんじゃないの)にユニバーサルデザインを意識小物があればいい、これだってそんな特別なものじゃない。

優先されるのは障害者だけど、前に書いた「デザインフォーオール」の考えでいえば普通の人も使えばいい(ただ、その人はスウィート価格ですが)。
身障者用の設備がそんな効率が悪くて負担なものなのかって、そうみんなに思わせたなら罪だよ「東横イン」。

私が設計してやるよ、って思ってしまいます。
RETU


結局、施設としてというより人件費なんだよな。(T)

高福祉国家

SETA-日本はなんでも右肩上がりで成長してないと、どうにかなってしまうのではって不安でびくびくします。

そんな日本も最近は少子化による人口減少で経済など心配する声が聞かれます。しかし、高齢化や少子化の有効な手立てがなのに焦ってみてもしょうがありません。

くらし方は様々です。
ここはいろんな可能性を検証すべきでしょう。
例えば北欧風暮らし方。

行ったことありませんが、最近フィンランドに気になります。

冬はほとんど夜のままで-15度くらい、夏は昼ばかっかりというところです。
森にはムーミンやサンタクロースがサウナに入ってキシリトール噛んでます。
GNPや教育水準もとても高く、年間7ヶ月くらいしか就労しないわりに日本の平均年収とそうかわりない高福祉国家です。

税金は高いが多くの人が不安なくゆったり暮らししているようです。

自由な選択の元、福祉や教育にお金を使う北欧の考え、ユニバーサルデザインに関しても、ノーマライゼーション。全て人に分け隔てなく共に生きる社会こそノーマルであるという考えは、誰にも理解しやすい身近かに感じられる思想ではないでしょうか。

スプーン1本とってもディテールの問題ではなくデザインフォーオールの思想が根底であるかが重要です。

またバブルを望む?二極化進すめる?デイトレレーディングをみんなでする?安いマンション探す?年金足りる?病気なったら?自民党に未来を託す?

フィンランドについて考えると、今後自分たちがどう生きたいかってことを問われているかのようです。

«  | HOME |  »

プロフィール

tamako

Author:tamako
ユニバーサルデザインに取り組む自治体や企業が増えているが、年齢差や障害の有無を越えて、あらゆる人に公平な情報とサービスを提供する「ユニバーサルサービス」を同時に推進します。
まだ、UD初心者の(T)とユニバーサルサービス協議会の紀女史(K)が書き込んでいきます。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリー

BMI判定

身長 cm
体重 kg

 

お気に入り

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。